お金を借りる方法 資金調達

お金を借りる神様
簡単審査でお金を借りる方法 即日融資可能ランキング すぐにお金が必要な方
金融事故者でも借りる方法 お金なくて困っている人 カードローン基礎知識

個人事業主・法人の資金調達

個人事業主や法人の方の資金調達

 

 

 

個人事業主や法人で、一番頭を悩ます問題が「資金調達」の問題です。特に、創業時は金融機関などにも全く信用もなくて、金融機関や消費者金融などから融資を受けるのはとても難しいでしょう。

 

開業時に潤沢な資金がある方はいいですが、ぎりぎりの予算で開業したり、不況や世界経済の影響を受けて資金繰りができなくなってしまいますと、つい途方に暮れてしまいそうですが、個人事業主が創業時に資金調達を行う方法はないのでしょうか。

 

今回はそんな悩める個人事業主の方へ、創業間際でも行える資金調達方法についてご紹介します。

 

 

個人事業主や法人で資金繰りに困ったとき

 

1・最初に考えたい日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは、民間企業でありながら、財務省管轄の特殊会社です。政府系金融機関の一つで、経済発展や国民生活の安定などの政策を実現するために組織されてます。
政策金融機関とは政府が経済発展、国民生活の安定などといった一定の政策を実現する目的で設立された特殊法人です。

 

 

信用保証協会の保証付融資

銀行などの金融機関が中小企業や個人事業主に融資するときに返済できなくなった場合に金融機関に代わりに支払う「代位弁済」を行うことを保証(信用保証)する組織のことを信用保証協会といいますが、個人事業などは信用がありませんので、経営が安定しない、貸し倒れリスクが大きい中小企業、零細企業には「貸し渋り」をしてきた背景があるのですが、それでは経済が良くならないので、公的機関が「信用保証」を行うことで、金融機関が信用力の低い中小企業や個人事業主にも融資をしやすくしているのです。

 

ビジネスローンを利用する

ビジネスローンは銀行、信用金庫、信用組合、ノンバンク、クレジットカード会社など幅広い金融機関で取り扱いがあります。
「ビジネスローン」で個人事業主が資金調達をする場合は、保証人が要らない場合もありますので、金利は少し高いですが、比較的借り入れしやすいでしょう。

 

 

個人向けのカードローンを利用する場合

銀行や消費者金融が提供する個人向けのキャッシングサービスのことですが、基本的には、個人カードローンをビジネスに利用することはできませんが、生活資金としては利用できます。

 

返済不能や信用情報に登録され審査が通らない方に最適な消費者金融

 

 

ファクタリングを利用する場合

ファクタリングとは売掛債権を譲渡して資金化する資金調達方法のことです。
通常、商品を販売したり、サービスを提供したときの代金は「月末締め翌月末支払い」とか「月末締め翌々月末支払い」とか30日〜60日まで入金されません。

 

 

ファクタリング会社はその入金するまでの期間を、売掛金を担保に前倒しして資金を融資してくれます。
3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。

 

ファクタリングについての詳細は⇒こちらから

 

 

個人事業主の資金調達方法には

 

「日本政策金融公庫」
「信用保証協会の保証付融資」
「信用金庫」
「信用組合」
「ビジネスローン」
「個人向けのカードローン」
「ファクタリング」
「補助金・助成金」
「クラウドファンディング」
「家族・親戚・友人・知人」

 

があります。

 

どの資金調達方法にも、メリットデメリットがあるので、あなたの状況にあった資金調達方法を選びましょう