キャッシングの審査項目について

キャッシングの審査項目について

消費者金融でお金を借りようとしますと、まずは審査があります。

 

その審査で、一番重要な項目は消費者金融界で呼ばれている属性です。

 

申込書に記入する項目、つまり氏名・年齢・職業・家族構成などなどのことをいいます。

 

 

これについては、自分のことのみならず、家族や仕事などのプライバシーをさらけだすことにはなりますが、各社申込書の記入項目には一切ムダはないので、申込書を見ただけで、利用者がどのような人なのかを即座に見分けられる指標になります。

 

この属性は、審査に影響力があり、優劣をつけています。 例えば、氏名という属性では、利用者がどのような人なのか判断できませんが、生年月日を知ることで、多少なりとも分かりやすくなるということです。

 

では、どのような属性の人が審査に通おりやすいか考えてみましょう。

 

キャッシング属性.年齢

 

消費者金融は、中心的利用対象者を20〜30代としています。そして、その中で未婚(独身者)に比重を置いていると言われています。

 

実社会の信用度は、既婚者であることは言うまでもありませんが、利用顧客として考えると、独身者の方が信用度があるというようにに見なされるようです。

 

これは、可処分所得の大小(自由に使えるお金が多いか少ないか)を前提として捉えられているので、既婚者(子持ち)よりも、独身者が優遇されやすいということになるのです。

 

キャッシング属性.電話番号

 

近年では、携帯電話の普及に伴い、固定電話を持たない人が増えてきましたが、自動固定電話のみ・携帯電話のみ・両方の中では、基本的にはどの場合でも申込には問題はありませんが、一番有利なのは両方、次に自動固定電話のみとなり、3番目が携帯電話のみとなります。

 

企業側からすれば、確実に連絡を取ることができるかどうかが問題なので、自宅電話が一番信用につながることは分かると思います。

 

キャッシング属性.職種(職業)

 

職種(職業)の中で有利になるのは、離職率が低い職業です。 反対に不利な職業は、離職率が高い職業や不安定な職業が上げられます。

 

例えば、無名の作家、無名の芸能人、パチンコ店員、水商売関係、タクシーの運転手、日雇い労働者などです。
つまり、このキャッシング業界では、年収5000万円の芸能人より、年収300万円の会社勤めのサラリーマンの方が信用されるということになるのです。

 

キャッシング属性.居住年数(家)

 

例えば、大邸宅にに2年住んでいる人と、普通以下のアパートに10年住んでいる人を比べた時に、業者は10年間住んでいる人を信用するということです。
これは、問題が起きた時に、その人がどこにいるのかを突き止めやすいからです。

 

キャッシング属性.年収

 

キャッシング業界において年収はあまり重視されません。

 

これは、返済能力が絶対条件である業界に矛盾しているようにも思われるかもしれませんが、年収というのは、自己申告なものであるというのが理由です。

 

キャッシング属性.使用目的

 

不景気の世の中では、生活苦などでお金を貸して欲しいという人が多くいます。

 

しかし、キャッシングのお申込みをする時には、生活費という項目には○を付けないようにした方がいいということです。

 

(例え、生活費に○をつけなくても、あまりウソ扱いにはされないので大丈夫です。)

 

生活費というのは、実際の生活に必要な必要最低限の部分であるため、そのお金さえも補えない生活状況となると、企業側には、「自分には返済能力がありません」といですから、生活費のためにお金が必要になる場合は、レジャーに使用、もしくは車購入の資金という項目に○を付けるようにするといいかもしれません。

 

 

関連ページ

キャッシングのお申し込みはネットから
お金を借りるとき、キャッシング会社は無数にあってどこで借りればいいのかわからないですよね。よくに初めて借り入れをしようとする時は、とても不 安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。
最短即日でお金を借りるための方法
お金を借りるときに初めて借り入れをしようとする時は、とても不安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。