プロミス即日融資 カードローン比較

プロミスで急ぎの借り入れという場合

プロミスでスピードキャッシングするための方法

 

1・WEB契約

 

2・自動契約機でカードを受け取る

 

プロミスWEB契約について

 

当日振込はWEB契約で簡単にできます。
プロミスのホームページがの申込みが即日振込の唯一の方法です。また即日振込は50万円以内の場合のみになります。

 

プロミスWEB契約の必要書類の送信方法

 

Web契約の場合は身分証明書などの必要書類は携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、指定のメールアドレスに送付するか、スマートフォンの専用アプリを利用して送信するかになります。

 

プロミスの3秒借り入れ診断

 

始めて、プロミスを利用する方は、3秒借り入れ診断で、WEB申込みを契約申込をする前に、3項目の入力だけで3秒ほどで診断できるお借入診断をしてから申込みをするといいでしょう。

 

プロミスWEB契約の方法

 

1・HPより申し込み書を送る

 

プロミスもホームページのお申し込み欄より必要事項を記入して、契約方法の選択に「WEB契約」がありますのでそれを選択して送信してください。

 

2・審査の結果

 

審査結果は、プロミスの場合は、平日9時〜18時であれば、最短で30分ほどで連絡がきます。連絡先はメールか電話になります。ただし審査過程での本人の確認は、自宅や勤務先への電話での確認になりますので、必ず電話はかかってきます。いわゆる在籍確認というものです。本人の確認です。

 

3・必要書類の送付

 

審査は最短30分、お借入診断などで貸し出しがOKとなれば、必要な書類を送付します。WEB契約の場合はカメラやスキャナなどで画像にしてメールでの送信をします。スマートフォンの専用アプリも用意されているので、スマフォの場合は、アプリを利用すると簡単です。

 

4・借入方法

 

借入の方法は、カードを使ってプロミスATMまたは提携ATMからキャッシングする方法の他に、インターネットから利用できます。
プロミスインターネット会員サービスのメニューから振込キャッシングを申込みことができます。

 

即日振込を希望するばあいは、平日14時までに契約内容を確認(WEB上でできる)して、契約を完了させておく必要があります。

 

5・土日融資の場合

 

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合の口座であれば、土日など金融機関休業日でも振込キャッシング可能です。カードがあればもちろんATMで土日でもキャッシングできます。
ただ、休日の場合は手数料がかかる場合があります。

 

 

自動契約機でカードを受け取る方法

 

プロミスの場合は、急いでいるときは、WEB契約が一番早いですが、カードが届くのは郵送なので、後日になってしまいます。

 

直ぐにキャッシングカードが欲しい場合は、審査まではネットで行い、近くのATM自動契約機でカードを発行してもらうといいでしょう。

 

カードが手に入れば、プロミス契約しているATMであれば、どこでも現金を借り入れすることができます。

 

なお、WEB契約の場合でも必要書類はメールやアプリで送る以外に、自動契約機・サービスプラザ(店頭窓口)に持って行くという方法もあります。

 

 

プロミスの審査を受ける前に
せっかく申し込みをしても、断られる確率が高いようでしたら、申し込みはしないほうがいいでしょう。

 

 

自分が申し込みブラックになってしまい、何のメリットもないからです。

 

ですから、プロミスの審査を受ける前には、自分自身が審査を通るための条件をどのくらいもっているかを確認して、審査に障害があるような審査項目は、できるだけ改善してから申し込むようにしましょう。

 

とりあえずは、お借入診断で、借りいれが可能かどうか確認しましょう。

 

「お借入診断」

 

その時点で、借り入れ不可と出れば、6カ月間は申し込みをしないほうがいいと思います。
もちろん、他の消費者金融でも同じことです。

 

といいますのは、それらの情報は各金融機関で共有していますから、他社でもすぐにわかってしまいます。

 

ただ、小規模な消費者金融の場合は、もちろん、情報機関の情報を参考にはしますが、独自の選考方法で貸し出しをしているところもありますので、そういう会社の場合は例外といえると思います。

 

プロミスの審査を受けることができる最低の条件さえ整っていれば、特別なことがない限り借り入れが可能になりますので安心してくださいね。

 

プロミスの審査を受けることができる最低の条件

 

1・現在の借入額が総量規制をクリアしていること。年収の3分の1以内

 

2・複数社に同時に申し込みしない事

 

3・年齢20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入のある方

 

主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能

 

4・過去の借入履歴の中で、金融事故(返済遅滞、債務整理など)がないこと。

 

プロミスを始め、大手の消費者金融で借りいれを申し込む場合は、おおむね上記の条件をクリアーしていれば、よほどのことがない限り、融資が可能になりますので、申し込む前にチェックしてみましょう。

 

 

プロミスの無利息サービス
最近では、他の金融機関でも始めたサービスに、プロミスの無利息サービスがあります。

 

 

このサービスはプロミスが最初始めた制度で、結構人気が高いです。

 

このサービス初めてプロミスを利用される方にのみ適用されます。

 

即日融資も可能のおすすめキャッシングはこちら↓ ↓ ↓

 

1・プロミスの無利息サービスの対象となる方

 

プロミスをはじめて利用される方で、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細を利用いただく肩のみの適用となります。 

 

2・無利息サービス手続きとサービス内容

 

プロミスとはじめてご契約いただく時に、Eメールアドレスをご登録いただき、あわせて書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスです。

 

2・無利息となる期間

 

最初に融資を利用した日から30日間が無利息の期間となります。
たとえば、最初に50万円を借り入れした場合は、初回の30日間の利息は、500000円×0.18÷365×30日となりますので、約7390円ほどが無利息で借りいれできるという計算位なりますね。

 

3・そのほかの無利息になる適用例

 

 

30日以内に追加ご融資があった場合

 

初回ご利用日翌日から30日間内であれば、追加利用分についても、無利息の対象となります。

 

 

30日以内に完済し、再度ご利用いただいた場合

 

初回ご利用日翌日から30日間内であれば、一度ご完済いただいてからの、再度のご利用分についても、無利息の対象となります。

 

そのほかには、後は既にプロミスの会員になっている方も、実は無利息を受けられる方法があるのです。プロミスのポイントサービスというのに申し込みをすると最初に100ポイント貰えてそれからさらにポイントをためていくと何度でもサービスを受けられるシステムになっています。

 

消費者金融の中でも珍しいサービスと言えるでしょう。他にも様々なお得なサービスが用意されていますので、大いに利用しましょうね。

 

 

プロミスの返済方法

 

お金を借りれば、当然返済ということをしなければなりませんね。

 

 

返済しなければ、利息がどんどん増えていってしまいますから、定期的に予定金額を返済していかないと大変なことになります。

 

さて、この返済ですが、プロミスでもいろいろな方法での返済方法が用意されていますので、手数料などをなるべて節約して、少しでも利息を安くして返済したいですね。

 

プロミスで利用できる返済方法には、下記のものがあります。

 

インターネットによる返済

 

口座振替での返済

 

窓口での返済

 

プロミスAMT・提携ATMでの返済

 

コンビニ返済

 

銀行振り込みによる返済

 

 

この中にコンビニ返済が含まれていますので、プロミスではコンビニ返済ができるということになります。

 

この返済方法の中で、自分に一番メリットのある返済方法を知って返済をしていきましょう。

 

1・インターネットによる返済

 

インターネット返済というのは、パソコンや携帯電話、スマートフォンから、銀行振り込みによる返済ができるという方法です。

 

インターネット返済のメリット

 

時間を気にせず返済できる

 

待ち時間がない

 

手数料がかからない

 

この方法の場合は手数料をプロミスが負担してくれるため、手数料がかからないのもインターネット返済のメリットです。ただ、デメリットはインターネット返済が向いているのは、銀行でインターネットバンキングを利用している人です。時間が取りにくい人でも、便利に返済することができます。

 

 

2・口座振替での返済

 

口座振替での返済は、プロミスのインターネット会員サービスから申し込むことができる返済方法で、返済日当日に特別な手続きをしなくても、余裕がある時に返済用の口座に入金しておくことで返済ができます。

 

手続きが完了すると、毎月返済日になったら自動で返済額分の引き落としが行われます。

 

口座振替での返済のメリット

 

 

時間がある時に入金でき、返済日当日に何もしなくてよい

 

返済を忘れることが無い

 

手数料がかからない

 

引き落とし日にうっかり残高不足になる場合がありますから、そのあたりは注意してくださいね。

 

 

3・プロミスAMT・提携ATMでの返済

 

ATMでの返済には、プロミスのATMと提携ATMが使えます。
プロミスのATMを利用する場合も、提携ATMを利用する場合も、ATMまで行って指示に従って返済をすることになります。
返済ができる提携先の銀行やコンビニ

 

 

イオン銀行

 

東京スター銀行

 

三井住友銀行

 

三菱東京UFJ銀行

 

セブン銀行ATM

 

イーネットATM

 

ローソンATM

 

クレディセゾン(クレジット会社)

 

デイリーヤマザキ

 

ファミリーマート

 

ポプラ

 

ミニストップ

 

プロミスATM・提携AMTでの返済のメリットは、提携先が多いので返済がしやすいということです。
プロミスATM・提携AMTでの返済のデメリット

 

 

提携先によってサービス内容が違う

 

手数料が発生することがある

 

そこまで出向く必要がある

 

プロミスATM・提携AMTでの返済が向いているのは、コンビニや金融機関をよく利用する人です。そのような人の場合、用事で出かけた時に合わせて返済ができます。

 

 

関連ページ

プロミスのカードローンの人気の秘密を調べてみました
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミス借り入れ審査と借り入れ条件
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミスの属性審査とやってはいけないこと
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミスの用途別金融商品について
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。