プロミス借り入れ審査 借り入れ条件

プロミス借り入れ審査と借り入れ条件

それでは初心者の方のプロミスの借り入れ条件を見てみましょう

 

 

年齢が20歳以上69歳以下

これは学生でも同じことです。しかし20歳以上となると大学生、専門学校生、大学院生となるでしょう。

 

アルバイトを週に3日以上

 

安定した収入であることが学生の場合でも同様です。
そのため、週に最低でも3日はアルバイトをしていることによって、月に考えると収入が安定しているということになります。

 

日雇いは半年以上の勤務継続

 

今の時代です。すべてのアルバイトが安定しているとは限りません。
日雇いというアルバイトの選択肢もありますね。その場合には日雇いであっても半年以上は勤務しているということが条件となります。

 

ここで違いがあるのは日雇いと言っても同じ職場ではなくその都度別の職場で働くというエントリー制のアルバイトです。
これは安定しているとは言い難いものだということはお判りになるでしょう。

 

基本的な借り入れ条件を通過しますと、属性の適合審査が行われます。

 

そして、信用保証機構などの審査を通過して、初めて貸し出し可能であるかの判断がされるわけです。

 

プロミスには「お借入診断」が用意されています。

 

「お借入診断」

 

借入を申し込む前に試してみるとよいでしょう。

 

診断結果がそのまま本審査の結果と同じということはありませんが、精度が悪いわけではありません。
客観的に見て融資が可能かどうか判断することができますので借り入れ申し込み前にチャレンジしておきましょう。

 

急ぎの借り入れという場合は

 

プロミスの即日融資は平日14時までのWeb契約

急ぎの借り入れという場合でもしっかりと対応のプロミスは、パソコンやスマートフォンから平日14時までのWeb契約で当日の振込融資も可能となります。

 

早く借りたいけど店頭窓口や無人契約機まで行く時間がないという方や、来店は恥ずかしい、面倒という方でも安心のキャッシングが出来るようになっており、アルバイトやパートの方でも申し込みが可能という事で人気を集めています。

 

審査などもスピーディに対応をしており、「どうしても今日中に借りたい」という方や、「遅くても明日までには何とか・・・」という方でも安心の来店不要即日融資となります。

 

三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、TVCMでもお馴染みの信頼できる大手業者となっており、はじめてのキャッシングという方でもスムーズな申し込みが出来るようになっています。

 

申し込みはプロミスのホームページ上から行いますが、その前に金利や限度額、審査時間などの基本情報や、他社との比較をしておくとより安心のキャッシングが出来ます。

 

アルバイトやパートの方でも申し込みが可能となっており、申し込みから契約や借り入れまでは全て来店不要で済ませる事も出来るようになっています。

 

誰にも会わずに申し込んで、指定口座への振込での借り入れとすれば近くのコンビニATMなどでお金を引き出す事も出来ますので、非常にスムーズな借り入れとすることが出来るのがプロミスの魅力の一つとも言えます。

 

 

プロミスだけの話ではありませんが、キャッシングの申し込みをするのであれば誰もが審査でOKをもらいたいと思うものです。

 

お金のピンチで申し込みを行うわけですので当然とも言えますが、そんなキャッシングの審査における注意点を簡単にまとめてみましたので、審査が不安という方は目を通しておくと良いでしょう。

 

 

キャッシングの審査というのはそれぞれの業者が独自の審査基準を持っているため、これらの注意事項を守ったからといって必ず審査に通るというわけではありません。

 

しかし、逆に言えばこれらの事を無視して申し込みを行うと審査に落ちる可能性も高くなるという事にもなるため、最低限の事はしっかりと理解して申し込みを行うと良いでしょう。

キャッシングの利息は多くを長く借りると高い

実質年率で17.8%〜18.0%の借り入れとなることが多い消費者金融のキャッシングは、低くはない金利から利息負担も大きくなりがちです。

 

実際に大きな金額を借りていると返済時の利息も膨らんでしまい、50万円を17.8%の実質年率で借りていると30日間で発生する利息は7,315円にもなってしまいます。20,000円の返済としても半分近くが利息になってしまうのです。

 

利息を安くしてキャッシングを利用する方法は?

 

金利の低下が望めない消費者金融のキャッシングで利息を安くするには、借りている金額を小さくするか、借りている日数を短くするのが最も簡単で手っ取り早い方法と言えるでしょう。

 

もちろんプロミスの30日間無利息(注1)を利用するのも有効ですが、初回の借り入れに限られてしまうので継続性はありません。そこで、キャッシングの使い方を給料日前の少額の融資に留めてみてはいかがでしょうか。

 

 

1週間を5万円の借り入れとして、実質年率が17.8%なら利息は170円、3万円なら102円の利息にしかなりません。

 

返済期日をしっかりと決め、一括で返せるような金額を計画的に借りるようにすれば、プロミスなどのキャッシングの利息は大きく抑えることも出来るのです。

(注1)メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要です。

 

 

関連ページ

プロミスのカードローンの人気の秘密を調べてみました
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミスの属性審査とやってはいけないこと
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミスで急ぎの借り入れという場合
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。
プロミスの用途別金融商品について
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融部門です。プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。プロミスなら大手銀行系の消費者金融ですから安心して借り入れができます。自動審査で申し込みをする前にあなたの契約可能額を知ることができます。申し込みすれば、何も問題なければ最短なら30分程度で審査が通り、指定の口座から即日現金が借り入れできるようになります。