トップ・マネジメントのファクタリング   資金調達 売掛金買取

ファクタリングで資金調達して売掛金買取

ファクタリングによる事業資金調達とは何ですか?
公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓


 

 

トップ・マネジメントでは、これまでファクタリング契約成約数延べ3万社を超える実績を積み上げてきており、日本全国の中小企業経営者様・個人事業主様の様々な資金繰りのお悩みに真摯に向き合ってきてきたからこそできる、独自のきめ細やかなサービスを展開しています。

 

法人のお客様が保有する売掛債権を弊社が買い取り、その債権回収までを行う売買取引のことです。金融機関の一括ファクタリングシステムと同様の資金調達手段です。

 

通常であれば売掛金は、売掛先の支払期日が到来するまで回収することが出来ませんが、トップ・マネジメントの一括ファクタリングシステムを利用して頂く事により通常の支払い期日より早く売掛金を回収頂く事が可能となります。

 

また、銀行やノンバンク等の金融機関で資金調達される場合、お客様の財務内容・借入件数・借入総額・条件変更の有無等により、その可否が決定されますが、ファクタリングであれば取引先(売掛先)の信用が重視されるため、お客様の借入れや財務内容に関してはそれほど問われません。金銭消費賃借に代わる資金調達手法で経済産業省中小企業庁も推奨しています。

 

 

トップ・マネジメントの最短即日対応、保証人担保不要のファクタリング事業資金調達には他社にはない3つの売りがあります。

 

1、法人経営者様だけでなく個人事業主様も対応可能(法人相手の売掛金がある場合)  
                        
2、地方のお客様の成約時交通費キャッシュバック(日本全国対応しております)     
                            
3、製造業、建設業、システム開発業などに多い3か月以上の長期の支払いサイトにも対応  
 

 

詳細な個人情報を入力する必要がなく、まだ電話相談も成果報酬対象となっておりますので非常に成果が発生しやすくなっております。

 

 

決算が赤字続き、税金の未納がある、金融機関の融資やビジネスローンの審査を否決された、借入ブラック、 信用情報に問題があるといった方に最適のサービスです。               

 

売掛先や従業員に知られず、風評被害を回避できる2社間ファクタリングは特に多くご利用いただいております。 金融機関の融資枠を使わずに済むので、決算書がよくなるメリットもあります。 

 

 

昨今、決算が赤字だったり、税金未納があると融資での資金調達が非常に難しくなっております。更に返済が遅れてしまったり、リスケジュール(返済猶予)をしてしまうと融資での資金調達は困難を極めます。

 

「金融機関は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」
こういった経験を身をもって痛感された経営者様も多いのではないでしょうか。

 

一方、売掛金を活用したファクタリングは金融機関とは審査基準がまったく違うため、即日資金調達も可能となっています。
融資ではないため、負債にもなりませんので今後の金融機関の融資審査に影響することもありません。経済産業省も推奨する、効率的で効果的な資金調達手段です。

 

 

法人・個人事業主を問わず法人相手の売掛金のみさえあれば、トップ・マネジメントが買い取ることにより通常の入金日前に早期に資金化することができます。
売掛先に知られないファクタリングの手法もございますので、その後の売掛先との信頼関係及び経営に支障をきたすこともありません。

 

よくある資金繰りの相談

債務超過、リスケジュール中で融資での資金調達が難しい

金融機関の融資枠を極力使わず、決算書をよくしたい

支払いサイトが長い売掛金を現金化したい

売掛先からの入金ズレによる資金の穴埋めをしたい

急な出費による穴埋めや、数ヶ月のスポットでの資金調達をしたい

売掛先に知られずに、速やかに資金調達をしたい

新規創業後半年が経過して、創業融資を受けられなくなってしまった

 

 

トップ・マネジメントファクタリングのご利用条件

 

ご利用対象者
健全な事業を営み、売掛債権をお持ちの法人様、個人事業主様(日本全国対応可能)設立期間や赤字決算などは気にせずお申し込み可能です。事業資金としての利用のみに限定させていただいております。

 

債権買取金額
買取金額売掛先1社に対し、30万円?3000万円まで。買い取り上限総額は1億円まで。ファクタリング費用買い取り対象債権の1%?(売掛先・支払いサイト毎にご提示致します)諸経費振込み手数料はお客様にご負担頂いております。

 

債権買取費用
ファクタリング費用買い取り対象債権の1%? (売掛先・支払いサイト毎にご提示致します)

 

その他諸経費
振込み手数料はお客様にご負担頂いております。
印紙代・交通費・登記費用等、実費分をご負担頂いております。

 

掛目(かけめ)
原則として額面の10%?20%が非買取対象金額となります。買取した売掛金の決済後、弊社の買取手数料及び事務手数料を差し引いた非買取対象金額を貴社にご入金致します。

 

 

ファクタリング業を装った悪徳な高利貸し業者

ファクタリングというつなぎ事業資金調達の手段が一般的に認知されてきている一方、”取引の詳細はうやむやにして契約の書類控えを渡さない”、”現金手渡し”といったファクタリング業を装った悪徳な高利貸し業者が横行しているのも事実です。

 

ファクタリング契約前に、まずは以下の3つのことを確認しましょう

 

<strong>1・「新規に創業したばかりで1期目を終えていないので、金融機関から事業資金の借り入れができない」

 

2・「金融機関が返済のリスケジュールに応じてくれなかった」

 

3・「そもそも多重債務になっており、金融機関からの新規の借り入れが難しい」

 

ファクタリングを利用する企業様は様々な諸事情を抱えていらっしゃいます。資金繰りに切羽詰まっていて、正常な判断が出来ない状況の経営者様・財務経理担当者様をファクタリング会社であるように装い、付け狙ってきます。

 

ファクタリングは融資とは異なります。通常、契約を締結し売買した売掛債権総額から売掛債権売買代金と売却代金手数料及び事務手数料を差し引いた、非買取対象金額が売買した売掛先様からの入金後、ファクタリング会社からお客様の法人口座に振り込まれるのが通常の流れです。
それ以外の方法でのファクタリングは正規の業者でない場合がありますから、契約は慎重にすべきでしょう。

 

 

適法なファクタリング会社は事前準備書類もきちんと準備いただきます

 

直接対面して事前の注意事項をお伝えした上で、明朗会計にて契約書面の控えと領収書はきちんとお渡しし、法人口座への振り込みにて取引を行わせていただいております。
たまに上記記載の違法高利貸し業者と取引する感覚で尊大な態度で来社いただく経営者様がいらっしゃいますが、必要書類を準備することに同意いただけない限り、一切お取り引きはお断りさせていただいております。予めご了承ください。

 

 

トップ・マネジメントのファクタリング契約に必要な書類一覧

決算書、試算表
過去・直近の取引
入金が確認出来る書類
取引先との基本契約書 (無い場合はご相談下さい)
成因資料 (発注書・納品書・請求書)

 

トップ・マネジメントファクタリングの詳細はこちらから

 

公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓


関連ページ

ファクタリングのメリット
ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。この資金調達方法を知っているかいないかで、会社の将来が決まるかもしれません。
ユービジョンでファクタリング事業者ローン
ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。この資金調達方法を知っているかいないかで、会社の将来が決まるかもしれません。
JTCのファクタリング
ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。この資金調達方法を知っているかいないかで、会社の将来が決まるかもしれません。
ファクタリング【トラストゲートウェイ】
ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。この資金調達方法を知っているかいないかで、会社の将来が決まるかもしれません。
ファクタリングの三共サービス
ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。この資金調達方法を知っているかいないかで、会社の将来が決まるかもしれません。
ファクタリング東京で売掛金を早期回収
ファクタリング東京で即日融資の消費者金融を選ぶには、消費者金融や銀行のカードローンで、すぐ当日にお金を借りる場合、注意するべきことや在籍確認の条件などをよく勉強して、大手の消費者金融や銀行系では大きな問題は起きないと思いますが、中小金融では、悪徳商法の会社もありますので、間違いのない方法で融資を申し込みましょう。