お金 グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは

最近、テレビや新聞などでよく「グレーゾーン金利」という言葉が取り上げられています。

 

小泉首相もこの問題について「対応を考えなければならない」と発言し、社会的にも経済的も大きな問題になっていました。

 

さて、この「グレーゾーン金利」とはいったい何でしょう?

 

消費者金融の金利に関する法律は、「出資法」と「利息制限法」の2つがあります。「グレーゾーン金利」とは、簡単に言ってしまうと、この2つの法律の金利の差のことです。

 

では、まず「出資法」について考えてみましょう。

 

現在、出資法で定められている金利の上限は、年29.2%となっています。金融会社は一定の条件を満たせば、年29.2%までの利息を請求することができるのです。

 

一方「利息制限法」はどうかというと‥‥。上限金利は、融資する金額によって3つに分けられています。

 

○10万円未満      → 年20%

 

○10万円〜100万円未満 → 年18%

 

○100万円以上     → 年15%

 

ずいぶんちがいますよね?

 

このように「出資法」と「利息制限法」で定められた金利の差を「グレーゾーン金利」と呼んでいるのです。
このグレーゾーン金利を見直そうと、さまざまな動きが起こってきました。

 

「利息制限法」と「出資法」と「グレーゾーン金利」

 

「利息制限法」は利息の上限を制限する法律で、元金10万円以下なら20%、10万円超100万円以下18%、100万円以上は15%以下の利息しか認めず、これ以上の利息は無効。としてはいます。

 

ただ、同法の一条二項には、債務者が超過部分の利息を任意に支払ったときは、その返還を請求することはできない。とあり、更に違反しても罰則がありません。

 

 

「出資法」は「出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取締りに関する法律」の略称だそうですがこの法律では、貸金業者は29.2%まで、貸金業以外の者は109.5%までしか利息を取ってはならず、違反すると5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金を科す。と定められています。

 

ここで気になるのは、出資法は違反すると罰則ありで、利息制限法は違反しても罰則なしということです。

 

この「利息制限法」で定められた上限金利と、「出資法」で定められた上限金利の間を、いわゆるグレ−ゾーン金利といいます。

 

そして、政府は2007年(平成19年)12月19日、名称が「貸金業の規制等に関する法律」から「貸金業法」と改められ施行されました。(完全施行は2010年平6月18日)

 

 

内容は、利息制限法所定の制限利率(15%〜20%)と出資法所定の上限利率(29.2%)の間の金利での貸付けについては、行政処分の対象とすると、グレーゾーン金利を禁止する内容でした。

 

そして、グレーゾーン金利を禁止したことに伴い、債務者(借金をしている人)が支払った利息制限法で制限している以上の利息は、借入元金の返済として計算し、借入金が完済になった後の返済金は、債務がないのに支払ったもので、資金業者が、不当に受け取った利益で、不当利得である。

 

 

従って「不当利得返還請求」をすることができる。という風に、過払い金返還要求ができるようになったわけです。

過払い金返還要求

 

このような経緯から、現在では、過払い金返還が続いています。過払いをされた方は早く請求したほうが良いでしょう。

 

過払い金返還訴訟は100%債務者が勝訴します。しかも過払い金には5%の金利が付くのですから、いままでぼろ儲けしていた貸金業者達は今、生きるか、死ぬかの土壇場に立っています。

 

 

悪賢い大手の「商工ローン」は先手を打って、貸金を早々に引き揚げ、資産は隠し、会社を倒産させて過払い返済から逃れてしまいました。

 

 

大手消費者金融の「武富士」も駄目なようですし、他の業者も倒産してはいないものの相当資金的に苦しい会社ばかりの様子で、100%返還出来ない処が増加しています。銀行系だけが何とか過払い金返還に応じているのが現在です。

 

あなたも、過去に違法な金利で返済をされた場合は、過払い金返還請求は出来るだけ早くしたほうがいいと思います。

 

将来、会社の倒産などで、返還金が取れない、もしくは減額される、怖れがあるからです。

関連ページ

カードローンの金利計算方法
お金を借りるときに初めて借り入れをしようとする時は、とても不安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。
お金を借りても利率を下げる裏技
お金を借りるときに初めて借り入れをしようとする時は、とても不安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。