消費者金融で審査が通らない

カードローンの審査が通らないのには理由

 

カードローンの申し込みをすると、審査によって融資が受けられるかどうかが決まります。
しかし、すべての人が審査を通るわけではありません。
金融会社としては、お金を貸しても確実に返してくれる人物かどうか、信頼できるかどうか、返済が可能かどうか、審査をして見極めることはとても重要なことなのです。

 

審査は何を基準として行われるのでしょうか。

 

基本的な基準は、【個人の属性情報】と【個人の契約に関係する情報】いうものです。
【個人の属性情報】とは、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収、家族構成、電話番号、などです。

 

【個人の契約に関係する情報】とは、契約した登録金融機関等の名称、契約日、金額、形態、返済回数、返済状況についての情報などですが、クレジットカードの支払い延滞履歴がある、短期間に何件もカードローンの申し込みをしている、電話が料金未納で止められて本人確認ができない、職場への在籍確認ができない、といった細かな部分が複雑に組み合わさって審査に通らないこともあります。

 

既にカードローン利用経験のある人では、他社で借り入れた件数が多い、借り入れ総額がすでに年収に対して返済困難なラインを超えている、返済でトラブル履歴がある、といった理由から審査に通らないことが多いです。

 

カードローン審査 早わかり動画

 

意外とわからないのが、中古車を購入しようとカーローンを中古車販売会社経由で申し込んだところ、販売会社側に問題があるために審査が通らず、信用情報機関に融資不可の履歴が残ってしまい、カードローンの審査に不利になることもあるのです。このように自分とまったく関係がないにも関わらず、信用情報機関に登録されている場合もあります。

 

カードローンの審査が通らないといっても、ひとくちにカードローンといっても、様々な会社があります。カードローンを行なっているところは、大きく分けて銀行系と消費者金融会社系です。銀行系の方が審査は厳しいと言われていますが、もし銀行系で審査に通らなかった場合でも、消費者金融会社系に申しこめば通る可能性もあります。

 

カードローンの審査は、複雑な過程を経て、審査が行われます。

 

どこに申請しても通らない

 

属性情報もそんなに悪くなくて、過去に金融事故の経験がない場合でも通らない方は、信用情報機関に、信用情報の開示請求をすれば、その中に必ずあなたの知らない、審査が通らない理由が記入されているはずです。

 

 

信用情報の開示制度

 

信用情報の開示とは、信用情報機関に登録されているご自身のローンやクレジットなどの契約内容や支払状況等に関する情報を確認することを言います。

 

信用情報の開示で確認できる情報

 

信用情報の開示でご確認いただける情報は、以下の情報です。

 

・氏名、生年月日、電話番号などの個人を特定する情報

 

・クレジットやローンなどの個人のお取引きに関する情報(利用金額、残高など)

 

・お取引きから発生する情報(支払遅延、法的手続きの有無など)

 

信用情報の開示制度の詳細はこちら

全国銀行個人信用情報センター
(株)日本信用情報機構
CIC信用情報機関

関連ページ

カードローン審査に通りやすい条件とは
お金を借りるとき、キャッシング会社は無数にあってどこで借りればいいのかわからないですよね。よくに初めて借り入れをしようとする時は、とても不 安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。
審査は信用情報機関の情報が重視される
お金を借りるとき、キャッシング会社は無数にあってどこで借りればいいのかわからないですよね。よくに初めて借り入れをしようとする時は、とても不 安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。
過払い金の請求返還を拒否された
お金を借りるときに初めて借り入れをしようとする時は、とても不安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。