多重債務者にならないために

多重債務者にならないために

まさに現代社会は、カード万能の時代です。

キャッシングカード、クレジットカード、カードローン、Tポイント、などなど、現金がなくても生活ができる時代となりました。

 

現金を使わないために、現実感がなくバーチャルてきな感覚で買い物をしてしまい、カードの枠がなくなって、次のカードで買い物をするなど。簡単にたくさんのカードもつようになってしまいました。

 

多重債務者におちいる最初のきっかけはささやかなものです。

 

買い物をローンやキャッシング、クレジットカードの分割払いをする

 

最初のきっかけはすごく小さいことで有ることが多いです。買い物のため、ちょっと生活に困ったからという理由でローンやキャッシング等に手を出します

 

 

「分割払い」や「リボ払い」で徐々に残高が増えてくる

ローンやキャッシング、クレジットカードなども分割払いやリボ払いをしていれば、月々の返済額はわずかです。追加で分割払い、リボ払いでの買い物や追加融資を使うようになると危険です。

 

月々の返済額が増加していき、返済のための借り入れをするようになる

 

分割返済やリボ返済などをしていても、残高が増えればその分、月々の返済額が厳しくなってきます。これによって月々の収入に占める返済額が大きくなりすぎて、生活ができなくなってしまい、そのための借り入れを起こさなくてはならなくなると「多重債務」の完成です。

 

多重債務状態となってどうもならなくなった場合、生活の改善程度で対応できないケースがほとんどです。そうなってしまうと任意整理や自己破産といった「借金整理」を行わなくてはならないケースに落ちっていしまうリスクが高くなります。

 

多重債務者にならないためのカードの利用方法

「分割払い」や「リボ払い」を多く使いますと、どこからどこまで、どのローンがどのくらいあるのか、わからなくなってしまうのが、一番危険です。
「分割払い」や「リボ払い」の商品などを購入した場合は、必ずローン返済計画書のようなものを作り、毎月の返済額がどのくらいあるのか把握しておくことが絶対に必要です。

 

月々の返済がいくらなのかわからなくなってしまうために、ついつい、ローンを組みすぎて返済不能になってしまうのです。

 

基本的な多重債務防止のための対策は、借金をしなくてはならない状況であっても、家計のフリーキャッシュフローが黒字化できるように家計を改善するという方法しかありません。

 

関連ページ

総量規制とは
お金を借りるときに初めて借り入れをしようとする時は、とても不安かと思います。初めてのキャッシングで即日融資の消費者金融を選ぶには、まずお金を借りる時は必ず大手の企業から借りてください。